自動化:インデザイン JavaScript リファレンス(CS6,2020)にappオブジェクトのextractLabel、insertLabelメソッドを追加しました。
openspc2.org/reibun/InDesignCS
openspc2.org/reibun/InDesign20

DTP:InDesign+スクリプト。
「ファイル名に作成日を付ける」
// ファイル名に作成日を付ける
var dateObj=new Date();
var y=dateObj.getFullYear();
var m=("0"+dateObj.getMonth()+1).slice(-2);
var d=("0"+dateObj.getDate()).slice(-2);
var filename=new File("~/Desktop/text"+y+m+d);
var flag=filename.open("w");
if(flag){
filename.writeln("Sample");
filename.close();
}

DTP:InDesign+スクリプト。
「連結されている最初のテキストフレームにフォーカスする」

try{
app.select(app.selection[0].startTextFrame);
}catch(e){}

自動化:インデザイン JavaScript リファレンス(CS6,2020)にappオブジェクトのclearFindChangeQuery、clearFrameFittingOptions、exportStrokeStylesメソッドを追加しました。
openspc2.org/reibun/InDesignCS
openspc2.org/reibun/InDesign20

文字コード表生成スクリプトできた。けど、存在しない文字の時に□に×が表示されるけど、このように設定されていない文字かどうか、どうやって調べればいいのか・・・。フォントで定義してあるかどうかの判断なのでInDesignのスクリプト無理っぽい気がするけど...

古籏一浩 さんがブースト

今年に入ってルビ振りAPIの同人誌が2冊売れました。ありがとうございます。

DTP:InDesign+スクリプト。表の行一括移動とともに列の一括移動も作成。枠は仕様なのでスタイルでどうにかするしかないけど。
テキストフレームを選択すると、その中の表の該当行や列をまとめて移動できる。表やセル内だと、その表だけが処理対象という具合。

DTP:InDesign+スクリプト。「選択したテキストフレームにダミーテキストを入れる」
連結テキストフレームでも動くけど、もっと上手なやり方がありそう...

DTP:ScriptUI(GUI)でキーボードショートカットの例。イラレだとうるさいかも。InDesignなら普通。もっとスマートに書けるけど、とりあえず例ということで。連想配列にしておくのが一番スマートかな。

サロゲートペアの文字(絵文字など)があると失敗するということなので修正。

DTP:InDesign+スクリプト。連結されたテキストフレームのうち1つを選択すると表示文字数の合計を表示。

印刷:締め切り間近で皆ハイになっていて誤字をカッターで剥がすはずが台紙まで切ってしまって、穴あきの台紙を正面にすかして「誤字OK」という間抜けなこともあった。上司が気づいて「おい、それ穴あいてる…」(この後社内爆笑...ハイになってるから全然面白くないのに)

nlab.itmedia.co.jp/nl/articles

74分かけて生成された。
う〜ん、エラー出ないなあ...
InDesign 2020ではエラーにならない。という事は他のバージョンでエラーなのかな...

止まってなさそうだけど、わからない...動いてそうな感じはするんだけど...

DTP:Windows 10+InDesign 2020+Script。書体見本帳の動作テスト開始。30分くらいかかりそう。

動作検証用のmacOSは素に近いので、これで実行するとInDesign 2020でちゃんと書体見本帳30分かかって生成されるなあ・・・。う〜ん、Windows 10でもテストだ。

もっと見る
DTP-Mstdn.jp

DTP-Mstdn.jpは、DTP・デザイン・印刷に関わる人々のためのMastodonインスタンスです。特定分野の専門インスタンスですので、日々のつぶやき、耳寄りな情報の共有、ディスカッション、質問とその回答、役立つスクリプトなど、他では投稿しづらい内容も、思う存分トゥートしましょう!