ランランリレーも出来上がりつつあるし、ほんと楽しくなってきたなぁ。

オッ、雪餅リレーにも、アクティブなactorが生えてきたぞ。

公益性のある情報とか、宣伝とか、できるだけ多くの人に届けたい投稿をブロードキャストするなら、やはりハッシュタグ付けてリレーってのが有効なので、ちゃんとインフラを整備して、皆に使ってもらえるようにせねば。

リレーは、Fediverseのサブプレイヤーなのです。

Mastodonにとっては、オプショナルな機能です。

しかし、リレーを通じて利用者に主流のものとは異なるあり方を提案することができ、規格やメインプレイヤーに影響を与えることもできるので、たいへんやりがいがあります。

■ 使い方

まず、 @relay@hashtag-relay.dtp-mstdn.jp を直接フォローしておいてください。

@relayctl@hashtag-relay.dtp-mstdn.jp にメンションを送ることでコマンドを実行します。皆に見えてしまうので、DMがお薦めです。

subscribe Gargron@mastodon.social

のように、アカウントは先頭の@を除いたドメイン込みの表記、ハッシュタグはそのまま、追加したい分だけ記載します。

unsubscribe Gargron@mastodon.social

解除したいアカウント、タグを指定します。全部消しちゃう時は、 :all というオプションをつけてください。 :all-tag でタグだけ、 :all-account でアカウントだけ全消です。

status

現在のリレーの登録状況を確認します。

set :lang:ja

言語を指定します。:lang:en で英語、:lang:ja で日本語、という簡易の対応です。Mastodonの投稿言語の設定も反映されます。

hello

こんにちは!


に、ハッシュタグとアカウントの購読機能を追加しました。

先に投入した、個人参加の機能は、リレーへの送信のみでしたが、こちらは受信のみの機能です。

組み合わせることで、特定タグの送受信が可能になります。

また、直接フォローせずに、特定のアカウントの公開投稿をホームタイムラインで購読できる機能でもあります。

Public Followとか、Weak Followとか、何か名称が必要になりそうな概念です。

現在、Mastodonでの動作は確認されていますが、Pleromaについてはまだカバーできていません。Misskey他、テストできていないシステムで実行すると異常が発生するかもしれませんので、あらかじめご了承ください。


Qrunchにもう一個書いた。

Mastodon本家のpub-relay動かそうとしてハマっている人多いので、そういう人にこれ見せてあげて。

Crystalでbio_newが無いとかエラーでる場合の対処(openssl_ext)
noellabo.qrunch.io/logs/KgdoPu

Pleromaを(手動で)ハッシュタグリレーに参加させた状態です。リレーから受信できています。

送信も個人参加で実現できています。サーバ単位での参加は、Pleroma側の実装を確認中です。

まだ細かな部分では問題含みなので、解決に取り組んでいます。

とりあえず、技術的には可能、ということをお伝えしておきます。

リレー制限を10分にしたよ。ぽむたんを再召還して能力が封じられたか確認しようず。 @nippon

一応、Pleromaからの投稿がMastodonにも届くようになったけど、これ削除が転送できないのでは……。

現在、Mastodonのリレーでは、PleromaのActivity(投稿、フォロー、お気に入りなどの情報)を受け付けません。

これは、PleromaがActivityに署名を付与していないため、正当な送り主が送ってきた、改ざんされていないActivityであることを、簡単に確かめられないからです。

Fediverseのサーバ同士が直接やりとりする場合は、HTTPリクエストに署名を行う仕組みを使って、Activityへの署名を省略することができます。

PleromaはHTTPに署名すれば、Activityに署名しなくてもいいんじゃね?と判断しているわけです。

リレーは代理で送信する仕組みであるため、HTTPへの署名では正当性が確かめられない(むしろ、他人が送っていることを証明している)ため、Activityへの署名が頼りです。

なお、Pleromaのリレーでは、代理で送信せずに、このActivityを受け取って!という通知(Announce)だけを行って、受信するサーバに直接取りに行かせることで解決しています。

Pleroma、リレーの受信は問題なさげ。

relayctlが送信するActivityの何かが原因でタイムラインの読み込みにエラーが発生する症状がでているので、原因解明までPleromaあての送信は失敗するようにしておくことにする。

Mastodon FE(PleromaのMastodonの見た目のフロントエンド)では問題が起きないので、Pleroma FEを調べる。

まぁ、非互換性といっても、一つ一つは些細なモノです。

ただし、どんなに些細な違いでも、エコシステムに致命的な影響を与えることがあります。

APIの破壊的変更を伴って、辛うじて生き延びていた古いバージョンのサーバやクライアントが死滅するかもしれません。まぁ、隕石が衝突したみたいな話ですね。

リレーの話で言うと、PleromaのinboxにPOSTする(Activityを送信する)際に、Content-Type : application/activity+json をちゃんと送信する、というのがありました。

pub-relay、何も送らないんですが、そうするとPleromaがHTTP 500エラーを吐きますw

Mastodonは動いちゃう。

いま、MisskeyからのPublicKeyがデコード出来ないってエラーでハマっています。解決方法は確認中です。まぁ、そういう話です。

なんか難しい話してる、としか思えないかと思いますが、恐らくActivityPubを扱っている人ならだいたい同じトコで悩むことが多いと思うんですよね……。

ハッシュタグリレーは、Mastodon本家のリレー(pub-relay / Crystal言語で書かれた配送にsidekiqを用いるバージョン / 作成者はChris Hobbs)から派生して書かれているのですが、

この本家リレー、ActivityPubベースでやりとりするようになっていて、一応はFediverseに向けた汎用目的になっていますが、実際はMastodonの実績はなく、そのままで機能するようにはなっていません。細かなところで非互換があって、実装間の差異を埋めていくには、ActivityPubの実務に詳しくなっていくしかなさそうです。

現在、少しずつActivityPub対応のコードを書く人が増えてきているように観測していますが、情報交換を行ったり、その記録を残したり、非互換の解消を働きかけたり、一緒にやれることについては協力できるといいなと思ったりします。

ちょっと簡単に言い直しますw

現状、Pleromaのハッシュタグリレー対応には、ちょっとPleromaの改造が必要になりそうです。
dtp-mstdn.jp/@noellabo/1014958

信頼できる署名(LDS)があれば、どれだけ多くのリレー先に届けても、送信元の負荷は一定です。リレーに預ければ、それで終わりです。

ところが、リレー先が一斉に送信元にデータを確認しにいく実装となると、リレー先が増えれば増えるほどアクセスが集中することになり、多大なる負荷となります。(nginx等でキャッシュすることで大幅に負荷を軽減できますが、依然としてリレーより負荷が高くなります)

やはり、PleromaにLinked data Signaturesのサポートを追加するのが現実的であるように思います。

Mastodonの場合、LDSが含まれるため、信頼できると確認できますが、Pleromaではこれができません。

Mastodon側で対応する方法としては、Activityに含まれる本来の送信元へ問い合わせして、裏付けをとるという方法があります。

投稿であれば、実際の投稿内容を取得して、一致しているかどうか確認すればいいわけです。動作としては、おおよそブーストの場合と同じです。(我々はフェッチしにいく、という言い方をします)

削除であれば、HTTP 404 Not Foundか、Tombstone(削除されたことを示す《墓石》)になっていることを確認すればいいわけです。

ただし、この実装は著しく非効率です。

Pleromaのリレー実装が、このようなブーストベースのものになっているということですが(詳しく見ていません)、コンセプトはともかく、実用上は現実ではないと言われています。

雪餅(2018) 連合リレーと Activity Relay
blog.yukimochi.jp/2018/12/fedi

リレーのPleroma対応、現在の結論としては、PleromaにLinked data Signatures(LDS)のサポートを追加するのが最善という判断です。

--

PleromaのActivityには、LDSによる署名が含まれておらず、リレーから送信されてきたActivityが信頼出来るかどうか判断できません。

そのため、リレーから送信するところまでは動作するのですが、受け取ったサーバが拒否します。

通常の連合では、HTTP Signaturesによって、送信元、送信先、日時、送信内容(Activity)のハッシュを署名して送信し、受け取った側でそれを検証することで、改ざんされていない内容であることを確認しています。

Pleromaでは、これで必要十分であるとして、LDSのサポートを省略しています。

ところがリレーの場合、送信元が元の送信元ではなくリレーになるため、Activityの送信元と不一致で信頼できません。

sidekiq、25 worker が一気に始動して、あとは順次入れ替わっていって、全部終わって次が来るの待ってる、という感じ。実に健康的なお通じ(ブチミリません)

この時、エラー出たら即座にあきらめてリトライしません。何かあって受取損ねたら、配信されないで終わります。

リレーの配信ログみてると、早いところは 0.1 sec とかで終わるし、遅いトコは 3.3 sec とかかかったりしてる。まんなかは 1.0 sec ぐらいかな。さすがにドイツの非力鯖は遅い(ウチの観測鯖)。ちほーがやたら速い。

sidekiqが 25 worker で動いていて、ひたすら配信だけしかしてない。メモリは半分ぐらい空いてる。CPUは76ms平均とかそんな感じ。

これから何か実装する度に重くなるし、まだ最適化のことは考えていないけど、今は余裕がある。

もっと見る

のえる :cava_green: DTP鯖管 によるおすすめ:

DTP-Mstdn.jp

DTP-Mstdn.jpは、DTP・デザイン・印刷に関わる人々のためのMastodonインスタンスです。特定分野の専門インスタンスですので、日々のつぶやき、耳寄りな情報の共有、ディスカッション、質問とその回答、役立つスクリプトなど、他では投稿しづらい内容も、思う存分トゥートしましょう!